お客様の健康カウンセリングやパーソナルトレーニングを行う他に、医療現場における運動療法や医療機関にサポートされたフィットネス施設づくりに関連する業務、またそこでトレーナーを目指す人に向けたトレーニング方法やプログラミングについての研修業務を行っています。

会社案内

  • HOME »
  • 会社案内

ご挨拶

Chuck san photoフィットネスクラブへのインストラクターの派遣でスタートした小さな会社ですが、設立以来28年目となりました。
ブームに乗ってフィットネス産業へ多くの企業が参入し、次々と新しいクラブがオープンする時期には、市場調査やクラブを企画し、オープン準備を行う業務も多くなり、同時にスタッフ教育や運営アドバイスも全国数10カ所のクラブで行なってきました。
これらのフィットネスクラブブームはバブル期まで加速し続け、ご多分にもれず、バブル崩壊とともにブームは一気に下火となりました。準備半ばでオープンを中止するクラブや倒産・閉鎖というニュースも多く聞かれました。一方ではハードが先行しクラブの大規模化が進む中で、ソフトやサービス面が遅れるところも目立ち、運営はどこも厳しい時期に入りました。
しかし苦しい時期こそ、試行錯誤を繰り返し、確実な成長を遂げることも可能でした。一部のクラブは、運営経験を積みノウハウを築き上げ、それぞれ独自のコンセプトを掲げポリシーに基づいたクラブづくりもされてきました。
さらにバブル崩壊後の暗い時期に加えて、高齢化や医療費の増大が社会問題となり、こういった社会の中での我々の役割を考えさせられるようになりました。現在のフィットネスクラブは明るく楽しいところではありますが、それはあくまでも健康な人にとっての話であって、レジャーや余暇活動の要素が強まり、社会問題とは殆ど無縁の場所となりました。
一方、病院では治療や投薬への保険点数が削減され、運動療法に保険点数が認められるという医療法の改定が行なわれました。高血圧などの生活習慣病には運動療法が有効だということも、一般の方たちに知られるようになってきました。
ところが、現実には、病院で高血圧や腰痛を運動で改善するよう勧められたが、フィットネスクラブへ行ったら入会を断られたという声が多く聞かれました。国の政策で健康づくりによる疾病予防を進めても、その受け入れ場所があまりにも少ないという現実に必然性を感じ、1995年「健康カウンセリングセンター」を開設しました。ここは「HOLISTIC」という考え方をコンセプトにソフトを提供しています。詳しい内容は<健康カウンセリングセンター>のご案内をご参照ください。
現在は、この健康カウンセリングセンターでお客様のカウンセリングやパーソナルトレーニングを行う他に、メディカルフィットネスとも呼ばれる、医療現場における運動療法や医療にサポートされたフィットネス施設づくりに関連する業務や、そこでトレーナーになる人へのトレーニング方法やプログラミングについて、研修を実施するという業務も行っています。専門分野でのお医者様や理学療法士(PT)の方々にも色々なアドバイスや指導を頂きながら「身体づくり」に取り組んでいます。
さらに、2015年度からbodyART Training Japanの新しいフランチャイザー(総代理店)として活動いたします。
bodyART Trainingという素晴らしい革新的なプログラムを日本全国に広めていきます。

チャールズ ケント ウィルソン

会社概要

社名
株式会社チャックウィルソンエンタープライズ
代表取締役
チャールズ ケント ウィルソン
本社
〒106-0046 東京都港区元麻布1-2-23 ウィスタリア元麻布104号
TEL&FAX
03-3454-2682
設立
1987年10月
事業内容
  • フィットネス事業に関する人材育成・管理
  • フィットネス事業に関するコンサルティング
  • 人材育成(インストラクター養成)
  • プログラム・マニュアルの作成・翻訳
  • インストラクターの業務委託事業
  • イベントの企画・運営
  • 運動指導、パーソナルトレーニング
  • 健康フィットネスに関するセミナーや講演

お気軽にお問い合わせください TEL &FAX 03-3454-2682 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 2015 Chuck Wilson Enterprise All rights reserved.
Theme created by Design Wave