お客様の健康カウンセリングやパーソナルトレーニングを行う他に、医療現場における運動療法や医療機関にサポートされたフィットネス施設づくりに関連する業務、またそこでトレーナーを目指す人に向けたトレーニング方法やプログラミングについての研修業務を行っています。

プロフィール

  • HOME »
  • プロフィール

日本のフィットネス業界において40年以上、現在も活躍中。
株式会社チャックウィルソンエンタープライズを設立、代表取締役に就任し、これまでに約20店舗のスポーツセンターの立ち上げやカウンセリング等に関わってきた。
1983年より日本のテレビ業界やラジオ、新聞や雑誌で人気を博したことで一躍有名に。
現在では、健康・フィットネスに関する講演の依頼を受け、日本全国で年間30〜80ほど開催。

柔道6段、アマチュア相撲、パワーリフティングで輝かしい成績を持つ。
宮崎県内で健康に関する教育セミナーも行う。
日本語で過去に5冊の本を出版した著者でもある。
ジャパンタイムスとYMCA主催の障害者のためのチャリティランの第一人者。

経 歴

1946年 10月26日アメリカ・ボストンに生まれる(昭和21年)
1964年 ワイオミングハイスクール卒業、グランドハレイステートカレッジ入学
1970年 来日、同志社大学に柔道留学(~73年)
1971年 全日本パワーリフティングチャンピオン(オープン参加)
1973/75年 8年間に渡り、ベンチプレス200kgの記録保持
1973年 クラークハッチ体育センターの共同経営者となる
1976年 全米柔道選手権95kg以下入賞
1976/80年 柔道で全米オリンピック候補選手に選ばれる
1978年 日本にエアロビクスを紹介
1982年 関東相撲大会敢闘賞を獲得
1983年 1月、香港にクラークハッチフィットネスセンターをオープン、共同経営者を務める
3月、九龍シェラトンホテルにも同センターオープン
6月、アメリカテキサス州ダラスにも同センターをオープン、共同経営者を務める
1983年 3年間に渡り、クラークハッチフィットネスセンター北アジア(日本・香港・韓国)の支部長を務める(~86年)
1984年 オーストラリア・ブリスベンにも同センターオープン、共同経営者を務める
1985年 ジャパンフィットネス株式会社を設立、取締役に就任(~89年3月)
1986年 株式会社スポーツプログラムスと共同でインストラクター養成学校を開校(~90年)
1987年 10月、株式会社チャックウィルソンエンタープライズ設立、代表取締役就任
YMCAインターナショナル・チャリティーランを提唱、大会委員長に就任(〜2011年)
1989年 7月、龍谷大学(京都)の非常勤講師を務める
1990年 6月、全日本パワーリフティング大会110kg級優勝
1995年 4月、渋谷区千駄ヶ谷に<チャックウィルソン健康カウンセリングセンター>を開設
6月、日本リハビリテーション学会・日本理学療法士学会にてスピーチを行う
1997年 10月、九州理学療法士・作業療法士学会にて基調講演を行う
11月、健康カウンセリングセンターを神田YMCAウェルネスセンター内に移設
2000年 6月、新宿ヒロオカクリニック内常設運動療法室の顧問を務める
2001年 9月、キャピトル東急ホテルフィットネスセンターの監修を務める
2003年 7月、ワークアウトワールド赤坂にてコンディショニングスーパーバイザーとなる
2010/13年 キャピトル東急ホテルフィットネスクラブの統括管理を務める
2010年 NIPPON IT チャリティ駅伝を提唱、以後大会実行委員長を務める
2014年 ジブラルタル生命保険グループにおける「健康とフィットネス」レクチャーを継続的に実施
2015年 bodyART Training Japanの新しいフランチャイザー(総代理店)として活動を開始

加盟団体

ACSM(American College of Sports Medicine)

http://www.acsm.org/

NSCA(National Strength and conditioning association)

http://www.nsca.com/

お気軽にお問い合わせください TEL &FAX 03-3454-2682 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 2015 Chuck Wilson Enterprise All rights reserved.
Theme created by Design Wave